車の仕事を長く続ける

走り慣れたエリアを選ぶ

TAXI

仕事を長く続けるには、自分に合う仕事を見つけるのが一番です。
必要なスキルが備わっていないにも関わらず応募してしまうと、仕事の辛さに耐えきれず辞める可能性が高くなります。
そうならないためにも、まずは求人サイトを利用して興味を持てる仕事があるか探すことをおすすめします。
求人サイトに掲載されている求人には、仕事の内容が詳しく記載されています。
それを読むことでどんな業務が要求されるのかがわかり、自分にもこなせるのか判断する材料になります。
やってみたいと思える仕事であれば楽しく長続きさせることにもなるので、よく調べてみましょう。
車を運転する仕事であれば、タクシードライバーの求人もおすすめです。
タクシーを走らせるこの仕事は、他と違ってそれほどスキルを必要としないからです。
車の免許さえ持っていれば始めることができるので、どんな人にもチャンスがあるといえます。
トラックを運転する仕事と違って、タクシーなら普段乗り慣れているセダンタイプを扱いますから、その点も安心できるはずです。
豊富な求人が用意されているタクシードライバーを目指す場合、営業所がある地域や主に走行することになるエリアなどを重視すると良い仕事に巡り会えます。
というのも、普段走り慣れていないエリアで仕事する場合、どうしても疲れやストレス等が溜まってしまうからです。
走ったことのあるエリアなら楽に運転できるため、仕事にも身が入りトラブルを防ぐことにもつながります。
さらに入社前には会社の様子などを確認しておくと、良い職場を見つけることができます。

間違いや書き漏れに注意

タクシー

中高年の注目が集まっているタクシー業界。
二種免許が必須ですが、免許取得の費用を会社で負担してくれたり、未経験者でも採用可能な求人を出している会社が比較的多いのが特徴です。
ほぼ全てのタクシー会社の求人条件には履歴書と職務経歴書、運転記録証明書の提出が必要であることが多く、この書類選考を合格した上で面接となります。
よって、これらの書類をただ書いただけでは意味が無く、書き方のマナーを守ることでより好印象を与えることに繋がります。
全ての書類に共通して言えることは「丁寧な文字で書く」ということです。
当たり前の事ですが一番大切なことで、きれいな文字で書く必要は無く、丁寧に書くことが重要です。
履歴書については経歴を漏らさず、年月日を間違えずに書くことが大切です。
添付する写真は清潔で明るい写真を使うようにしましょう。
志望動機欄には、自分がタクシードライバーとして貢献できるポイントなどを盛り込むことが大切です。
職務経歴書には会社名、事業内容、従業員数や売上高と、自分がどのような仕事に従事してきたか分かりやすく、時間軸に沿って細かく記入することがポイントです。
運転記録証明書は自分で記入するものでは無く、自動車安全運転センターに申請して発行してもらうものです。
最寄りの警察署に経歴証明書申込用紙がありますので、必要事項を記入し申し込みます。
なお、手数料として630円が必要です。
インターネット上にはタクシー求人サイトや求人募集の情報をまとめたサイトが数多く存在します。
必要書類を用意して、自分に合ったタクシー会社を探してみましょう。

接客業としての意識を

TAXI

自分の趣味と技術を生かすことができ、安定した収入と充実の福利厚生で注目されているのがタクシードライバーの求人です。
これまではドライバーが男性、事務は女性という形が一般的でしたが、近頃は性別に関係なくだれにでもチャンスがあります。
全く異なる業種からの転職先としても人気がありますので、求人探しの際は候補に入れる価値があるでしょう。
ただし、面接を重視する業界でもありますので、ほかの求人と同様に対策を実施し、気を引き締めていかなければなりません。
面接の際には会場が設置されますが、前日までにはアクセスルートを決定し、開始時刻よりも早く到着できるように心がけましょう。
事情による遅刻は仕方がないこととはいえ、タクシーは時間が大きく関係する職場ですので、印象低下は避けるべきです。
また、服装が指定されていない場合、スーツ以外といった極端な指定を除き、面接にふさわしい格好が望ましいといえます。
このほか、タクシーの求人はドライバー職としてではなく、接客業を意識して面接に臨むのがポイントです。
服装以外にも毛髪やヒゲを整えた清潔感のほか、言葉づかいや自然な挨拶も面接結果に影響します。
タクシー会社は競合の増加により競争激化の様相となっており、乗客に喜んでもらうことが優先課題の1つです。
この部分は初期から完ぺきなマスターを求められませんが、本人の努力や意識は面接の中で担当者に伝わることでしょう。
そんな熱意も忘れてはならないポイントで、タクシー求人に応募した理由の明確化も大切です。